家づくり

初めての地鎮祭

 

朝夕寒くなってまいりましたが、お昼はまだまだ暑いですね。

 

温度調節が難しい今日この頃ですが、皆様風邪などめされてはおりませんでしょうか?

手洗いうがいなどを忘れず、注意してくださいね。

 

本日私は、人生で初めて地鎮祭へ参加させていただきました。

 

地鎮祭

 

前日には「もしかしたら、雨で中止になるのでは?」とも考えておりましたし、朝の時点では曇り空でしたが、

カラッと雨が止んでくれて良かったです。

参加者のどなたかに、晴れ男(女)?の方がいたのかもしれませんね。

とは言え、長靴が手放せない状態でした。

 

地鎮祭

 

私は前日に草刈や整地を、担当させていただきました。

 

関係業者一同

 

工事関係者の方々にお集まりいただき、「家って本当に沢山の人々の力と想いで出来ているんだ」

という事を再認識。

前職では、数千人の前に立っていた私も、また違った緊張感に身も引き締まる思いでした。

今後も微力ながら、私の力がその一助となる様、全力を尽くしてまいりたいと考えておりますので、

よろしくお願いいたします。

 

新築

 

  • 2019.10.22 Tuesday
  • 12:03

家づくり

庭の広さと手入れ

 

9月6日に施主様邸の草むしりをさせて頂きました。

全て素手で根から丁寧に引き抜かせて頂いております。

今までの工務の仕事の中で、一番大変だったかもしれません。

 

草むしり

 

 

根っこから引き抜く

 

庭は広い方が良いとお考えの方が多いかと存じますが、「実際に住んだ時の手入れの手間も考えて建てないとなぁ〜」と、考えさせられた一日でした。

 

後日、砕石を撒き転圧をかけさせて頂きました。

 

  • 2019.09.15 Sunday
  • 11:50

家づくり

入道雲と台風

JUGEMテーマ:日常

 

梅雨も過ぎて、良いお天気になりました。仕事に遊びにと、行動するにはもってこいの季節です。

ただ、日差しと水分補給にだけは、お気をつけください。

 

入道雲

 

先日の台風の影響は、大丈夫でしたか?

私も現場へ台風養生に向かわせていただきました。

幸い、今回は大した被害もありませんでした。

皆さんのお家で、剥がれて飛びそうになっている瓦など、この機会に修繕しておいた方が良いかもしれませんね。

 

瓦

 

瓦や外壁の修繕や台風対策は、株式会社高正工務店にお任せください。

お問合せは、松阪店ホームページ http://aimnoie-takasho.sub.jp/をご覧ください。

  • 2019.07.29 Monday
  • 10:35

家づくり

ホームプロカンファレンス

 

昨日は、ホームプロのカンファレンスに参加してきました。

有料のカンファレンスですので、内容について詳細は語れませんが、

お客様の声の「工事が今どの段階で、自分たちはどうしたら良いのかがわからない。」

に関して、当たり前の事ですが、工程表をつくって印刷したものをお渡しする。

その上で詳細を説明する。

どんな工事に何日かかって、その間どうしていれば良いのか?

 

そんな説明あって当たり前の事ですが、お客様にとってわかりやすいものになっているかどうか?

納得してくれているのかどうか?等、

完成までの「スケジュールの見える化の重要性」を、再認識させられました。

 

こういった「当たり前の事をしっかりやる」という日常の積み重ねが大切ですね。

 

ガーデン

 

また、もう一つ思った事があります。

昨今はインターネット等の普及により、情報が簡単に手に入る時代です。

その情報が、必ずしも正しいかどうか?については、注意しなければいけません。

家という高い買い物をするにあたって、お客様も必死に情報収集しておられます。

もしかしたら、私たちよりお客様の方が詳しいかもしれませんね。

しかし、誤った知識について我々は、そうでは無いという事をわかりやすく説明出来なければなりません。

 

日々、勉強を怠ってはいけないと、気を引き締められられる想いの一日でした。

 

 

 

 

  • 2019.06.12 Wednesday
  • 10:13

クッキングセミナー

クッキングセミナー「気分があがるラク家事教室」

 

今日は東邦ガスさんで「気分があがるラク家事教室」を行いました。

 

ラク家事教室

 

おかげ様で、大変盛況でした。

参加してくださった皆様、ありがとうございました。

 

クッキングセミナー

 

女性講師の方は、慣れた様子で物凄くハキハキとしていて、わかりやすい説明で良かったです。

 

クッキングセミナー

 

最新のガスコンロとても便利そうでしたが、社員寮の私は勝手に付け替えるわけにいかないので、

将来是非お世話になりたいと思いました。

 

料理教室

 

2種類の素材をガスバーナーで熱し、汚れを吹きつけてどちらが汚れが付きにくいか?実験してみました。

 

ガスバーナー

 

汚れ

 

雑穀サラダ

 

焼き魚

 

楽しく食事

 

トマトソースのヨーグルト

 

※余った料理は、スタッフが美味しく食べました。

今後も様々なイベントを行ってまいりますので、よろしくお願いします。

 

Cooking

 

鶏もも焼き

 

株式会社高正工務店 松阪本店 http://aimnoie-takasho.sub.jp/

(ホームページ私がつくりました!!)

家づくりアドバイザー 東郷 基(とうごう もとい)

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 17:03

家づくり

誕生日祝いと高正工務店メンバー紹介

JUGEMテーマ:リノベーション・リフォーム

 

5月21日は高正工務店メンバー「松塚」さんの誕生日でした。

 

↓元左官の「松塚」さん。

いつも茶目っ気一杯の冗談を連発してくれる、社内のムードメーカーです。
 

松塚さん

 

↓笑顔が素敵な高正一のイケメン若者「大野」くん。

現場担当で細マッチョです。

こう見えて、この中でも一、二を争う古参メンバーです。

 

大野くん

 

↓同じく古参メンバーで、事務担当の「南」さんです。

笑顔が美しいですね!

困ったらいつも南さんに相談しています。

 

南さん

 

↓新入社員の「東郷」です。

営業HP&チラシづくり現場作業と、幅広く活躍するオールラウンダーです。

真面目過ぎて硬いと言われますが、どんな人にも紳士で誠実に接します

近場の営業へは自転車で行くという、ケッタマシーン営業マンです(笑

以前、二見浦に住んでいた頃は、津くらいまで普通に自転車で通っていました。

 

東郷

 

あなたが家を建てようと考えた時
真っ先に思いつくのは大手ハウスメーカーでしょうか?

 

その理由は、


1.みんなそこで建てるから。


2.無難だから。

 

3.怖いから。


 4.初めてだから。


 5.高額の商品だから。

 

だから、名前に聞き覚えのある大手ハウスメーカーを選ぶ
確かにその選択は無難で、間違いが無いかもしれませんね。

 

でも、一生に一度の家づくりが、本当にそれで良いのでしょうか。
変更のあまりきかない、出来合いの家では無く、
自分だけの特別なお家を建てませんか?

 

例えばこんな家が建てられます。

 

一度建てたら、何十年もの付き合いになります。
 本当なら、「信頼できる」「優しさのある」「愛のあふれる」
お父さんやお母さんの様に想い合える・・・そんな工務店に出会いたい
そう思われませんか?
高正工務店は、お客様にとってそんな「特別の存在」になれる
かもしれません。
家は安い買い物ではありません、建てるなら多くの可能性を
考慮すべきです。
高正工務店も、是非その内に加えてください。

 

株式会社高正工務店 松阪本店 http://aimnoie-takasho.sub.jp/

(ホームページ私がつくりました!!)

家づくりアドバイザー 東郷 基(とうごう もとい)

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 10:33

家づくり

マイホームを建てる時、ここに気を付ければ「縁起が良い」んだって。

 

今日は家を建てる時の方角に関する簡単な豆知識を書こうと思います。

皆さんは「縁起」を気にする方ですか?気にしないという方も居るとは思いますが、悪いよりは良い方がベストですよね。

日本には古来から「鬼門」「裏鬼門」という考え方があります。

「北東」が鬼門で「南西」が裏鬼門になります。

画像の赤いラインで、区切ってあるところですね。

 

北東鬼門南西裏鬼門

 

この方角には、「玄関」「便所」「風呂」「台所」「浄化槽」などの、玄関や水回りを持ってこない事がベストとされています。

鬼門にこれらを持っていくと「男性」にとって縁起が悪い。

裏鬼門にこれらを持っていくと「女性」にとって縁起が悪い。

と、されています。

どうしてそう言われているのか?について諸説ありますが、本当は何が正しいのかわかりません。

でも、昔の人が皆そう思ったという事は、何らかの根拠があるんでしょうね。

 

お家を建てる時に、この方角に玄関や水回りを持ってこないといけない場合は、なるべく「清潔に保てば大丈夫!」だそうですよ。

 

自撮り写真

 

株式会社高正工務店 松阪本店 http://aimnoie-takasho.sub.jp/

(ホームページ私がつくりました!!)

家づくりアドバイザー 東郷 基(とうごう もとい)

 

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 11:11

家づくり

高所作業

初めてハウスの屋根の修復に行ってきました。

こんな高いところでも、皆んなは慣れたもの。全く恐れずに手早く作業を完了させます。

こんな感じで、屋根の鉄の部分に板を橋渡しして、作業を行います。

無事に屋根が補修出来ましたね!!

今度は、農耕用の水路に土砂が流れてしまうのを避ける為に、煉瓦を積み砕石を敷いて、せき止める作業です。

高正工務店は、この様に地域に密着し、お客様の生活を様々な角度から支えて参ります。

小さな事から大きな事まで、まずは高正工務店にご相談ください。

 

株式会社高正工務店 

東郷 基(とうごう もとい)

moyoi5248.aimnoie-takashi.sub

 

 

  • 2019.05.08 Wednesday
  • 18:59

家づくり

住宅の見えない所、床下の様子って?縁の下の力持ち「床束」

 

皆さん住宅の床下って、どうなっているのか知っていますか?

知っていても、見た事ありますか?

実はこうなってます!

 

床下1

 

この写真は床下の水をスポンジで吸い取り、バケツに絞って出すを繰り返し、水が減ったらブロアーという乾燥機で乾燥させる作業を、私が行っている時のものになります。

 

所々に並んでいる鉄の棒は「鋼製束(こうせいづか)」といい、プラスチック製の場合は「プラ束(ぷらづか)」。樹脂製の場合は「樹脂束(じゅしづか)」というらしいです。

これらを総称して「床束」と呼びます。

 

従来の床束は、束石の上に大工さんが現場採寸した木材を取り付けていました。

昔はこれが一般的だったのですが、木の束は乾燥による収縮や床鳴り、床下の湿気による腐朽、白アリの被害を受けるといった問題があったのです。

そういった問題を解決する為に、誕生したそうです。

 

床束の上に乗る木材は「大引(おおびき)」といいます。

在来工法の場合に大引きの上に垂直に交わる様に取り付けられるのが「根太(ねだ)」になります。

住宅の床を張る為に必要な下地です。

床の荷重を大引きに伝える役目を果たします。

 

先日、お客様から「子供が小さい間は床を上げるために鋼製束を使いたいが、将来子供が大きくなったら即外したい」というご相談を受け、将来的にすぐ外せる様に「左右をビスでもんで取り付ける」方法を提示させていただきました。

高正工務店では、この様にお客様の御要望一つ一つに対して真摯に向かい合い、解決してまいります。

新築・リフォーム・修繕など、お家にまつわるよろずのご相談は、是非高正工務店まで!

 

高正工務店ホームページ

http://aimnoie-takasho.sub.jp/

 

鋼製束

 

  • 2019.05.02 Thursday
  • 17:35

家づくり

初ブログ・自己紹介(今後、家づくりに関する知識や、日常のネタを掲載していきます)

本日が初ブログという事で、まずは自己紹介として自己分析シートを掲載しておきます。
今後は、家に関する知識や、日常のネタを投稿していきたいと考えております。
以後、よろしくお願いします。

 

個性分析シート

  • 2019.04.18 Thursday
  • 15:59

1